関連イベント情報小布施短編映画祭プレイベント

【2020 年 2 月 14 ~ 16 日開催】こども映画教室 2020 × 小布施短編映画祭 おどろきと楽しさいっぱいのこども映画制作ワークショップ

  • 日付:2020 年 2 月 14 日(金)~ 16 日(日)
  • 会場:長野県小布施町
  • 料金:3,000円/人

ワークショップ概要

2020年3月に、第2回の開催を迎える小布施短編映画祭。
先日発表した映像演技ワークショップに加え、今回はもう 1 つ、新しい取り組みにチャレンジします!

 

それはずばり、小学生を対象にした映画制作ワークショップです。
「こども映画教室 2020 × 小布施短編映画祭」は、 はじめて出会ったこどもたちがお話づくり・撮影・編集・上映までを主体的に行う、3 日間の小学生向け映画制作ワークショップです。 こどもたちは、カメラとマイクを持ってまちへ繰り出し、こどもたち同士でコミュニケーションを取りながら映画づくりをします。
これまで映画教室に参加した講師は、 是枝裕和監督、諏訪敦彦監督など、 世界で活躍する名だたる映画監督たちばかり。 近年ではキャンセル待ちが出るほどの人気ぶりです。
今回はまちとしょテラソを拠点に、カメラとマイクをかついで小布施のまちに繰り出します。 映画づくりを導いてくれるのは、「こども映画教室」のベテランスタッフでもある大川景子監督です!
地元のこどもたちが目を輝かせながら映画づくりにのめりこんでいる姿を見るのが、楽しみで仕方ありません。
たくさんのご応募をお待ちしております!

 

日程

  • 2月14日(金)17:00~19:30
    ガイダンス/撮影
  • 2月15日(土) 09:00~17:30
    おはなしづくり/撮影
  • 2月16日(日) 09:00~19:00
    撮影/編集/上映会のポスターづくり/上映会
※3日間のすべてのプログラムに参加できることをご確認のうえご応募ください
※参加者の方は昼食用のお弁当をご持参ください。本ワークショップに食事および宿泊は含まれません。

会場

小布施町立図書館「まちとしょテラソ」多目的室、小布施町役場 3 階講堂ほか

対象者

小布施町、中野市、須坂市、高山村在住の小学生(全学年対象)

定員

12
※定員をオーバーした場合は、抽選となります。抽選結果は締め切り後3日以内に保護者様宛にご連絡差し上げます。

参加費

3,000 円/人(当日に徴収いたします。)

応募方法

  • 下記応募フォームよりご応募ください。
  • ※フォームからの登録が難しい場合は、こちらからチラシ(PDF)をダウンロードして印刷し、チラシ下部の応募用紙のすべての欄を記入の上で、下記住所へご郵送ください。
  • 【郵送先住所】〒381-0209 長野県上高井郡小布施町大字中松 13-34 小布施短編映画祭事務局 橋本希

募集期間

2020 年 1 月 29 日(水)23 : 59 まで

その他の注意事項

  • ワークショップ内容等の詳細については、後日参加者の方にご連絡いたします。
  • ワークショップの参加は原則お子さまのみです。保護者の方は、会場までお子さまの送迎をお願いいたします。上映会には保護者の方のご参加をお待ちしております。
  • お申込み時にいただく個人情報は、「小布施短編映画祭実行委員会」「こども映画教室」の活動のご案内にのみ使用し、第三者への提供、その他の目的には使用しません。

お問い合わせ先

小布施短編映画祭実行委員会
osff.exec@gmail.com
担当:日髙

 

講師プロフィール

大川景子 Keiko Okawa
映画編集者

諏訪敦彦監督『ユキとニナ』(09)に編集助手として携わる。その後、杉田協士監督『ひかりの歌』(19)、井手洋子監督『ゆうやけ子どもクラブ!』(19)等に編集スタッフとして参加。監督作に米国生まれの日本文学作家、リービ英雄のドキュメンタリー映画『異境の中の故郷』(13)。こども映画教室には2010年よりスタッフとして参加している。

こども映画教室
15 年前に始まった「こども映画教室」のポリシーは 2 つ。
① 大人は手出し口出ししないこと
② 一流の映画人と出会うこと。
「映画教育は人間教育」という言葉を胸に、生きづらさを抱えた子や、居場所をもちにくい子にも映画を届けたいと活動しています。これまでに、是枝裕和、諏訪敦彦といった一流の映画監督たちが共鳴し特別講師として参加しています。

2020年1月29日をもって募集を締め切りました。
たくさんのご応募をいただきありがとうございました。