こどもワークショップ

こどもワークショップとは

はじめて出会ったこどもたちが3日間かけて、お話づくり・撮影・編集・上映に取り組むのが「こども映画制作ワークショップ」です。カメラとマイクを持った小学生がまちへ繰り出し、こどもたち同士でコミュニケーションを取りながら映画づくりをします。
このワークショップは、是枝裕和監督、諏訪敦彦監督など、世界で活躍する監督を講師に招き、東京国際映画祭等でも映画制作ワークショップを企画・運営している「こども映画教室」との共同企画になります。
ワークショップでこどもたちが制作した作品は、映画祭本編にて特別上映される予定です!

第2回の開催について

第2回のこども映画教室 in 小布施短編映画祭は現在準備中です。
開催が決定し次第、公式サイト上でお知らせいたします。
しばらくお待ちください。

第1回の様子

2020年2月に開催した第1回では、映画編集者の大川景子さんを特別講師に招き、小布施や近隣地域の小学生12名が参加しました。カメラやマイクの使い方を学んだ後、2チームに分かれて小布施町内で映画を撮影しました。

「猫」をテーマに決めたチームは、猫を探して町中を歩き回ったり、もう一つのチームでは全員が出演したがる中、誰が出演するかを話し合ったり、チームで力を合わせて作品を作り上げました。
3日目には、保護者の方も招き、上映会を開催。上映後の舞台挨拶では、こどもたちの誇らしげな表情が印象的でした。