「みんなが審査員」に応募する

小布施短編映画祭開催に向けて、「みんなが審査員」を募集します!
(第2回募集は締め切りました!)

みんなが審査員制度とは?

小布施短編映画祭コンペンティション部門の一般審査員賞を審査する、一般公募で集まった方々のこと。

一般審査員賞について

公募で集まった映画好きの審査員による、一般審査員賞。「この映画が一番好き」「感動した」「面白かった」など、純粋にオーディエンスの心に響く優れた作品に贈られる賞です。 小布施短編映画祭のその他の賞についてはこちら

みんなが審査員の活動

応募作品を鑑賞し、評価する
応募作品の中から一般審査員賞受賞作を選出するため、1次審査から最終審査まで行い、作品を評価します。
受賞作品のつくり手に出会う
映画祭当日の上映会や、作り手との交流会に無料で参加できます。

みんなが審査員の特典

  • 小布施短編映画祭(3/21,22)、前日の交流会(3/21午後予定)へのご招待
  • 審査員限定グッズ プレゼント

審査プロセスについて

段階 概要 形式 期間 審査本数
1次審査 総応募作品を、15作品まで絞る最初の審査 オンラインでの個別審査 9月5日~10月5日 20本/人程度(予定)
2次審査 1次審査を通過した15作品から、最終審査にかける6作品を選ぶ審査 オンラインでの個別審査 10月10日~11月10日 15本/人程度(予定)
最終 「一般審査員賞」を受賞作品/ノミネート作品を決める審査 対面でのグループ審査 11月16日(土)(小布施町)* 6本(予定)

1次審査

概要 総応募作品を、15作品まで絞る最初の審査 形式 オンラインでの個別審査 期間 9月5日~10月5日 審査本数 20本/人程度(予定)

2次審査

概要 1次審査を通過した15作品から、最終審査にかける6作品を選ぶ審査 形式 オンラインでの個別審査 期間 10月10日~11月10日 審査本数 15本/人程度(予定)

最終審査

概要 「一般審査員賞」を受賞作品/ノミネート作品を決める審査 形式 対面でのグループ審査 期間 11月16日(土)(小布施町)* 審査本数 6本(予定)

* 当日小布施町での最終審査会にお越しいただけない場合は、事前に投票・コメントなどをいただく形などを検討しています。
※なお、審査プロセスについては、今後変更になる可能性があります。

応募資格

  • 1
    映画を愛してやまないこと。
  • 2
    楽しみながら、最後まで審査をやり抜くことができること。
  • 3
    応募時に高校生(16歳)以上であること。

応募方法

  • 下記応募フォームよりご応募ください。ウェブサイトからの応募が難しい場合は、「お問い合わせ」欄に記載されている電話番号またはメールアドレスまでご連絡ください。
  • 応募者多数の場合は、実行委員会にて選考のうえ、ご連絡いたします。

定員

25
(定員に達し次第締め切りをさせて頂きます。)

締め切り

  • 締切
    2019年8月25日(日)

応募フォーム

  • 応募受付は終了いたしました。

お問い合わせ先

小布施短編映画祭実行委員会
osff.exec@gmail.com
担当:森本