お知らせ小布施短編映画祭の情報

【2/9 つきイチ まちじゅう映画館@小布施】

  • 2019.1.25

次回のつきイチ映画館は「オープンシェアスペースTopos」にて2月9日に行います!19:00開始です!

上映作品は今回も2作品!『ジョニーの休日』と『戦場へのインターン』です。作品の詳細は続きをご覧ください!

参加費:鑑賞料無料、軽食代・暖房費として1000円いただきます。

お申し込みはinfo@osff.jpまで👍

—————————–

上映作品その1

『ジョニーの休日』


35歳でフリーターのタケルは、女子大生の彼女・道子の実家に挨拶しに行くが、道子は家族に紹介もせず彼を部屋に招き入れてしまう。やがて道子は渋々ながらもタケルを家族に紹介するが、無愛想な父や会話の噛み合わない母、タケルの元彼女である姉・小夜子と一緒に夕食を囲むことになり、タケルの気まずさは深刻化していく。

監督は、2015年に初監督した短編「カミソリ」が、水戸短編映像祭やショートショートフィルムフェスティバル&アジアなどで上映された新谷寛行。(映画.comより抜粋)

 

上映作品その2

『戦場へ、インターン』


映画の撮影現場でインターン実習生として働いている麗子。製作部に所属する彼女は、ロケ弁の発注や車止めなど様々な仕事に携わっているが、1カットに全てをかける撮影隊の強引なやり方になじめずにいた。一方、主演を任されプレッシャーを抱える新人女優の舞は、ある悩みが原因で自信を失ってしまう。そんな中、出産寸前の妊婦が乗る車を麗子が止めてしまったことで大騒ぎとなり、撮影は中止に追い込まれてしまう。

 監督は「わたしはアーティスト」がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭の短編部門グランプリ、PFFアワード2015の審査員特別賞を受賞した薮下雷太。(映画.comより抜粋)