オンラインイベント「ショートフィルムを2度みる会」を開催しました!

9月末、小布施短編映画祭初のオンラインイベントとして、「ショートフィルムを2度みる会」を開催しました。

ショートフィルムを2度みる会とは、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(以下、「SSFF & ASIA」)を運営する(株)ビジュアルボイス主催の、ショートフィルムを活用した対話型鑑賞企画です。1本のショートフィルムを鑑賞した後、参加者同士で語り、そしてもう一度みて、対話をすることを通し様々な角度から映画を味わうことができます。

新型コロナウイルスの影響で第2回の小布施短編映画祭が開催できずにいて、私たちとしても、次の一歩を踏み切れずモヤモヤしている時期が続いていました。そんななかで舞い込んだ「ショートフィルムを2度みる会」のサテライト開催。語り合いを大切にした映画祭にしたいという、私たちの理念とイベントが一致し、「SSFF & ASIA 2020開催記念 ショートフィルムを2度みる会 in 小布施短編映画祭(以下、2度みる会)」の実施を決めました。

イベントでは、フランス生まれのショートフィルム、『ミスター・ガスパッチョ』を鑑賞しました。参加者は初対面の方々も多くいましたが、熱がこもった語り合いで時間が足りなかったという声も…!!

オンラインではあったものの、映画をきっかけとした出会いが多く生まれたイベントになりました。

以下のnoteの記事から、当日の様子や参加者のリアルな声を知ることができます。今回参加できなかった方も、是非読んで参加してた気持ちになってみてください!

記事はこちら!