ショートフィルム・コンペティションの作品の募集を開始しました!

小布施短編映画祭プレスリリース 2020年10月1日

第3回小布施短編映画祭開催に向け、10月1日よりショートフィルムコンペティションの作品募集を開始しました。

ショートフィルムコンペティションについて

長野県の地域発・第3回小布施短編映画祭(2021年3月27日(土)~28日(日)於:北斎ホール(長野県小布施町))の開催に伴い、ショートフィルム・コンペティションの作品募集を開始することを発表いたします。
北斎部門・鴻山部門の二つの部門ごとに異なる観点から審査を行います。さらに最も優れた作品にはグランプリ(最優秀作品賞)を授与するとともに副賞として賞金20万円を贈呈します。

審査員

みんなが審査員
  • 第3回小布施短編映画祭の作品審査を行うことを目的とし、小布施やその近隣から集まった一般市民によって構成される「みんなが審査員」を今年も実施します!審査員募集などの詳細は追って告知します。
ゲスト審査員
  • 今回は、映画や映像の第一線で活躍する3名の方々によって構成される「ゲスト審査員」も作品の審査を行います。
関和亮さん(映像ディレクター|小布施町出身)
外山文治さん(脚本家・映画監督|小布施短編映画祭プロデューサー)
ミヤザキタケルさん(映画アドバイザー|長野市出身)

募集期間

作品は2020年10月1日~10月31日までFilmFreeway上で募集します。
詳しい応募方法については、こちらのページをご覧ください。

作品の応募条件

  • 30分以内の映像作品(※エンドクレジット、その他を含む全体の長さ)であること
  • 日本語で視聴可能な作品であること
    ※使用言語が日本語以外の作品の提出も可能ですが、日本語字幕をつけた上で提出してください。
  • 2019年9月1日~2020年10月31日までに完成されたもの(過去1年2ヵ月以内の作品)。
    ※製作途中の作品は受け付けません。
  • 過去に小布施短編映画祭に出品された作品でないこと
  • ジャンルは不問です。
  • 新型コロナウイルスの感染拡大状況により、本映画祭はオンライン会場の併設ないし、完全オンライン開催となる場合があります。その場合外部のオンライン動画配信サービスを通じて作品を上映する可能性がございますので予めご了承ください。なお、上映する際には、映画祭の参加チケットを保有する人への限定リンクでの公開、ないしパスワード設定等により、作品の取り扱いには十分配慮します。
  • ※作品の正式上映決定後の上映の取り消しは認められません。出品合意後に新たに登場した第三者が、映画祭への出品の合意を覆すことのないようご配慮いただきますようお願い致します。

詳細はこちら