プログラム一般審査員賞

小布施やその近隣から公募で集まった映画好きの審査員「みんなが審査員」による、一般審査員賞。
「この映画が一番好き」「感動した」「面白かった」など、純粋にオーディエンスの心に響く優れた作品に贈られる賞です。
小布施で開催された審査会では、町内外の映画好きがあつまり、白熱した議論が交わされました!
みんなが審査員が真剣に選んだ 3 作品を、どうぞお楽しみください!

『適度なふたり』

柴田有麿(監督)|ドラマ| 5分7秒

あらすじ

今まで遠距離で暮らしてた新婚夫婦。初めての共同生活に期待が膨らんでいたが…。

監督プロフィール

1989 年生まれ。
愛知県出身。
京都造形芸術大学映画学科卒業。
「ひとなつの」が福岡インディペンデント映画祭優秀賞受賞、釜山独立映画祭招待作品。
「休日」「マイルドヤンキー」が、
福岡インディペンデント映画祭優秀賞受賞。
「リリイ/僕らの街」
横濱インディペンデント映画祭優秀作品
現在は映画製作の他に、TV・MV・CMなど活動の場を広げている。

『春』

大森歩(監督・脚本)|ドラマ| 27分

あらすじ

祖父の家に居候をする、美大生のアミ。 大人になるアミとは反対に、どんどんボケていき、子供返りするおじいさん。 やがて、二人の感受性が重なる。

監督プロフィール

多摩美術大学卒業、AOI Pro.所属CMディレクター

『湯沸かしサナ子、29歳』

東かほり・宇乃うめの(企画・製作・脚本・編集)|ドラマ| 24分52秒

あらすじ

29歳、牛乳配達員のサナ子は人生に迷いを感じている。 ある日、ひょんな理由から廃業が決まった銭湯で働くことに。 廃業3日前。常連客との交流であることを思いつく。 最後に一花咲かせたる!不器用で内気なサナ子が巻き起こす、テクノでポップな銭湯ムービー

監督プロフィール

1989年生。フリーでデザイナーの仕事をしながら映画を撮っています。
『土曜日ランドリー』
立川名画座通り映画祭 グランプリ
『湯沸かしサナ子、29歳』
札幌国際短編映画祭ノミネート
あいち国際女性映画祭ノミネート
夜空と交差する森の映画祭上映
第9回きりゅう映画祭 グランプリ
那須ショートフィムルフェスティバル2019 審査員特別賞

登壇予定者

  • 柴田有麿監督(『適度なふたり』)
  • 大森歩監督(『春』)
  • ほか

審査員

みんなが審査員